1円スタートオークションで探す!

2017年07月31日

おしぼり 使用例

タオル地の木綿布をロール状に丸め、熱々や冷え冷えの事情で支給される食事処のおしぼり。そちらの点を術に搗くたびに感じるごまかしが設けられている。手だけでなく目鼻だちも拭けばうららかだろうな、と。ただ気が引ける。周りに「オジサンひどい臭いがある」と嫌悪感を与えないか。奇麗にへっちゃらだか―。こんな軋みを搗く月給取りは馬鹿にできないはずだ。で、給料取りを代表して節てみた。Q.E.D.は「ノー・プロブレム」だ。国中おしぼり共同組合連合会(名古屋市)に小耳にはさむと、おしぼりの本来の目的は「ルックスや手段の汚れを拭き取ってストレス解消してもらう」。厚生労働省のアドバイス深い部分に沿ってお仕舞いされ、衛生的にも問題は考えられないと話す。ただ、徹頭徹尾マンと地のアマに限った話。メイクアップしたレディはどうもコンディションがダーティならしい。



posted by フォンスリー at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
フォンスリーの日記」の先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。